【この穴形がミソ!】桑折町では、特殊なグレーチング(溝の蓋)を使用して、イノシシなどの侵入を防いでいます。表面がハニカム構造になっていることで、イノシシなどが渡れず、侵入を防ぐことができます。15kmに渡る侵入防止柵を作り、道路には特殊なグレーチングを配置し、山側に住む方の安全を確保しています。今年度は、囲い込み型の防止柵を設定しました。人間と野生動物の共存は、永遠に続く課題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です