【どう思いますか?】新年度に向けて、公立藤田病院組合の規約(ルール)の変更点とその経緯を伺ってきました。病院関係者様の努力により経営は黒字化となりました。そこで各自治体からの特別負担金を減額するとのことです。また、桑折町は、その負担率を従来の40%から30%となります。一方で、組合議員定数を12名から10名へ削減するとのことです。桑折町選出議員も4名から3名へと定数を削減するということです。変更には、各市町の議会の議決が必要になります。しっかり準備して桑折町3月定例会で議論したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です